Medical and Surgery

検査を受ける

「乳がん検診ってどのような検診なのか」そう思っている人のために、ここでは検診の内容や、どのように受ければ良いのかなどについて紹介しているので、乳がん検診を受けようと思っている人はチェックしてみると良いでしょう。

Click

圧迫される痛み

神経が骨などにあたり圧迫されてしまうことがあります。そんな時には強いしびれが起こることもあり、歩行に支障が出る場合もあります。腰部脊柱管狭窄症はそういった病気の一つで、手術やリハビリで治療が行われます。

Click

重症の場合

痔は基本的には経過観察などを行なうことが多いですが、重症化してしまった場合には肛門科で外科手術も検討されます。全身麻酔の場合と局部麻酔の場合で手術費用が異なってくることもあるので、どちらが良いか決めることができます。

Click

足の静脈が浮き上がる

下肢静脈瘤にも軽症と、進行してゆく場合があります。

下肢静脈瘤は特に女性に多く起こりやすい疾患です。 若年層にはあまりなく、年を減るに従って患者数が増えてゆく傾向があります。 病名の通り下肢つまり膝から下に多く発症し、重症化すると静脈の血管が太く浮き出て弁の所で血液がつまり瘤状になります。足の血液の循環が症状に大きく絡むので若年層でも妊娠をきっかけに発症する事がまれにあります。 ごく軽症の場合は毎日のマッサージや医療用ストッキングや医療用サポーターでの対症療法で改善させる事が出来ます。 下肢静脈瘤の症状が進んでくると医療器具を使った治療や患部を切開して原因となって変形してしまっている箇所をとって形成する外科的な施術もあります。 下肢静脈瘤の治療に使う金額も、軽症から重症までの金額が幅広くなっている事と症状が目立つ範囲の広さによっても金額の上下が出てきます。 下肢静脈瘤の中でも血管が浮き出ている面積が広いのか、瘤の部分が数多くかるかでも治療の方法が変わってきます。

最近は治療方法も新しい技術がでてきました。

以前は下肢静脈瘤の症状が進んでくると患部を切開する外科的な施術がほとんどでしかた、最近は患部への定期的な注射による治療や、血管内に器具を挿入して治療を行うカテーテル治療が出てきました。 瘤上になってしまい大きく目立ってしまっている周辺を重点的に注射で血液の滞りや外見上の異常を徐々に軽減させてゆく治療もあります。 さらに最新の治療はカテーテル治療ですが、血管内にカテーテルと治療器具を挿入して、患部周辺まで進み、内部から患部を切り取ったりレーザーで焼いて症状の進行を食い止めるという形式をとってもいます。 この2種類は対応できる医療機関は大きく告知をしていないので、整形外科の場合は直接の問い合わせを行います。 下肢静脈瘤専門のクリニックの場合は比較的対応していますが、施術の方法と治療期間、そして金額はそのクリニックごとに違うので問い合わせの時に確認をしておきましょう。 どの治療方法をとっても外科の治療のうちに入るので、治療期間と体力には余裕をもって下肢静脈瘤の治療に入りましょう。

基本的な治療方法

癌にかかってしまったときには抗癌剤や放射線療法、免疫療法など、色んな方法がありますが、基本的な治療はやはり外科手術だとされています。それを成功させるためには早期発見が大切です。

詳しく見る