圧迫される痛み

腰部脊柱管狭窄症は腰痛をおこす病気の一つです。

腰部脊柱管狭窄症は脊髄が通る腰部脊椎の脊柱管という管や神経が分かれ出る場所が狭くなり、脊髄や神経が圧迫されておこります。この原因としては、加齢などによって腰椎の関節・椎間板や靭帯で血行が悪くなり炎症も加わることが考えられています。 腰部脊柱管狭窄症の症状は、腰・臀部・鼠径部や圧迫がある側の坐骨神経の痛みで、足のしびれなどの感覚の異常や脱力感を伴うこともあります。これらの痛みのため次第に続けて歩くことが難しくなり休憩を必要とします。しかし少し休んだり前屈みになると、痛みが減ってまた歩けるようになります。これを間欠性跛行(かんけつせいはこう)といいます。腰部脊柱管狭窄症がさらに進むと、膀胱や直腸への神経が圧迫されるためおこる症状として尿失禁・排尿困難や便秘もでてきます。

治療には薬による治療・理学療法と手術があります。

腰部脊柱管狭窄症の初期におこなわれる治療は、痛み・炎症や血行不良に対する処置です。鎮痛剤・炎症を軽くするステロイド剤・非ステロイド性抗炎症薬や血行を改善するプロスタグランジンなどが、経口薬・湿布剤・軟膏として使われます。ステロイド薬は脊髄を包む硬膜の外側への注射でも投与されます。理学療法では、装具を用いる方法、温熱療法、マッサージ療法、運動や作業をおこなうなどの方法で、嫌みや炎症を和らげたり落ちた筋力の機能を回復させます。 以上の治療で腰部脊柱管狭窄症の痛みが取れないときや排尿や排便の症状があるときには、手術が勧められます。その術式には腰部の脊椎で神経に対する圧迫を除く方法が用いられます。この手術で脊椎が不安定になる場合には、その部位を器具を用いて固定する手術も組み合わせておこなわれます。