基本的な治療方法

進行癌ほど転移しやすいです。

癌にかかると手術をうけるのが現代医学の基本的な方法です。ごく初期の場合に、癌を切り取ってしまえば、その後の生存率は高いです。しかし、ステージが進んでしまってからの場合は、その後の生存率は極端に下がります。これは、再発と転移が原因です。 初期の段階の癌細胞は癌組織内にとどまっているので、それを取り去れば殲滅出来るのですが、進行癌だとそうはいかないのです。したがって、手術後に放射線をかけたり抗癌剤を飲んだりして対処します。それでも、完璧に癌細胞を駆逐できなかった場合は不幸にも他臓器に転移してしまうのです。 転移場所は骨、肝臓、脳など広範囲に及びます。患者の体力の問題もあり、その治療は困難ものとなってしまいます。したがって、そうなる前に初期の段階で発見し、手術などの治療をすることが最も大切なのです。早期発見早期治療、これこそが一番有効な方法なのです。

健康診断を欠かさずにうけましょう。

癌を早期発見早期治療するためにはどうしたら良いか。それは、各自が属している組織で行う健康診断を欠かさず受診することです。確かに健康診断はバリュームを飲んだり、前日から空腹状態で行かなくてはならなかったり、色々大変です。しかし、だからと言ってサボってしまうと危険です。魔が差すと言いますが、うっかり受診しなかったがために手遅れになってしまうパターンが多いのです。 健康診断は一気に全部うけなくても済む場合が多くなってきました。これによって、受診者の負担は大幅に減らせることが出来ます。その便利になったメリットを生かして癌の早期発見早期治療のチャンスを逃さないようにしましょう。転移癌になどならないように自分自身で防御していくしか無いのです。成人の健康管理は自分自身に責任があります。